ベートーヴェン ヴァイオリン 協奏曲。 ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲

ジネット・ヌヴー/ベートーヴェン&ブラームス: ヴァイオリン協奏曲集

困ったな。 二重唱「お前に手紙を書く」(Scrivo in te)(? かなり個性的な盤で、ワタシ的には・・・ ちょっとツライです。 24() 室内楽曲 [ ] ヴァイオリンソナタ [ ]• ホント、ベートーヴェンの楽曲で癒される。 「愛する人よ、私はあなたによって悩み、死ぬ」(Languisco emoro pete, mio ben, ch'adoro)(2声)Hess 229()• いい加減な耳や技術の人は弾くべきでないし、そういう部分を「それなりに」で済ましてしまう神経の人はこの曲はそもそも無理だからやめた方がいい。 155()• 「をを!!!すげえ」と感嘆符を3つ以上並べるのには最適な1枚でしょう。

Next

フルトヴェングラー 最後のベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲

エコセーズ 変ホ長調 WoO 86()• 端正で、クリスタルガラスのような、美しすぎる演奏で〜 細やかなカデンツァ・・・ しかし。 第3楽章:中。 雰囲気も似てますね。 う〜 それ以外はなあ。 それはまず、音取りの問題が(あまり)なく楽譜通り鳴っているクラリネット・ソロ版で聴いてください(4:14がそこ)。

Next

ベートーベン ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品61

14-1の編曲)()• 独奏ヴァイオリンがロンド主題に回帰する直前にカデンツァが入っているのに驚かされる。 最近オルフェオから出たも最高だったからです。 ぜひ聴いてみてください! コパチンスカヤのカデンツァによる演奏動画 最後にご紹介するのは1977年生まれ、モルドヴァ生まれのヴァイオリニスト、 パトリシア・コパチンスカヤさんの演奏です。 の謎のカノン)WoO 190()• 丁度良い速さ。 背筋が凍りそうなほどの怖さにはならないが、これを聴いて、ほっとする。 はあ? なんで、こんなにデカイの。

Next

四大バイオリン協奏曲の人気の名演奏を聴こう!

10(疑作) その他のピアノ独奏曲 [ ]• プフィッツナーも同じく2トラック、19センチのテープを使用しましたが、音質の良さは同日のライヴであるブラームスの交響曲第4番ほか(GS-2212)で実証済みです。 モリーの別れ(Mollys Abschied)(作曲年不明(初期))• で、続いて主題がかわって、ちょっと東欧風なノスタルジックなフレーズが奏でられる。 しかし、ウーギさんの演奏は、おっとりというか、おおらかというか、安心して聴いてられる感じがする。 演奏に漲る活気とテンションを聴けば誰もが圧倒されるでしょう。 1 ()• 国語審議会の後継組織のナントカという団体が最近、「とんでもございません」を正しい日本語として認知したそうですが、勝手に認知などされては困る。

Next

ヴァイオリン協奏曲 (ベートーヴェン)

こういう演奏をされてしまうと、他のヴァイオリニストはとても同じ正攻法で行けなくなってしまうのではないか。 柔らかい布団に包まれたような気分で、あーっ シアワセっ。 12 archives• 男声合唱「暗い迷路をさまよい」'Auf dunkelm Irrweg'• なお、シュナイダーハーンは、オイゲン・ヨッフムともこの曲を録音していますが、こちらのほうはシュナイダーハーン自身によるカデンツァが使われています。 「人生を楽しめ」(Freu' dich des Lebens)(2声)WoO 195()• カンツォネッタ「残酷な女」(La tiranna)WoO 125()• ピアノソナタ ニ長調「幻想曲風ソナタ」 Unv 12 Biamonti 213 (未完)(?)• 快活で生き生きとした雰囲気に満ち溢れ、独奏ヴァイオリンも五線譜の上を躍動します。 やはり曲は純粋に曲として聴くべきだろう。 後年、それらを元に他の作曲家が交響曲10番の復元を目指す動きがあるが、ベートーヴェンが本格的に交響曲10番の作曲に着手していた訳ではない。

Next

ベートーヴェン(ヴァイオリン協奏曲)

第2楽章:中やや速。 『 Fidelio』 Op. ただ、音質が充分とは言えないので、シュナイダーハンのこの曲の演奏としては、ヨッフムとのステレオ盤を好んでいます。 後の録音含め、スークはまさにこの曲の第一人者であることは間違いありません。 ただし指揮の実力・品格で言えばむろんイッセルシュテットが上です。 その音色を別にすれば、ムターの個性が発揮されるようなところはなく、カラヤンの意思どおりの曲作りだろう。

Next

四大バイオリン協奏曲の人気の名演奏を聴こう!

正に演奏家の本当の姿をさらけ出してしまう写し鏡のような怖い怖い曲なのです。 25()• 5度の跳躍が、まるで、体操選手の着地が決まったような瞬間のように、綺麗な姿だ。 第1楽章用(1作)()• 終盤におかれた カデンツァ(オーケストラ伴奏のない独奏箇所)はベートーヴェン自身が書き遺しておらず、後世の作曲家たちやヴァイオリン奏者によるものが演奏されます。 「しっれふぁ〜 らしれ ふぁら〜 そふぁみふぁ ら〜 そふぁみふぁれら〜」 機械的な音かと思ったのだが、まあ。 109()• アリエッタ「キス」(Der Kuss)Op. 第1楽章は協奏曲としては極めて長大であり、立派な構造であるが、長さを感じさせない曲の美しさと構成の巧みさがある。

Next

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲「頭のなかの♪おたまじゃくし」〜クラシック音楽を聴いてみよう〜

若きスークが、亡くなる約3か月前のコンヴィチュニーと共演した貴重な録音である1962年録音のベートーヴェンと、第一人者と言って良い圧倒的な解釈力と技術の結晶であるアンチェルとの1960年収録のドヴォルザークの、いずれもスーク最初のスプラフォンへのセッション録音を新規で高音質化。 クレンペラーは各楽器を力強く演奏させており、いささかも隙間風が吹かない重厚な音楽が紡ぎ出されている。 95()• 3の他人による編曲)()• クライスラー版だと思うが、「パンパンパン ひょ〜っ パンパンパン ふぁしぃ〜」 これオリジナルなのか。 オケの方は、相変わらず録音状態はよろしくないのだが、ティンパニーは大きめに叩かれている。 によりピアノに編曲。

Next