受け取る 謙譲 語。 正しい敬語(尊敬語、謙譲語、丁寧語)の使い方をマスターしよう

「受け取る」の敬語は?謙譲語と尊敬語のビジネスに最適な使い方

相手の行動や相手の物を敬った言い方の敬語表現が尊敬語となります。 ビジネスシーンや日常生活でよく使われる言葉で、様々な敬語の表現方法があります。 これに「お振込」が加わると4種類になります。 「~」には、 漢語の場合は、「スル」をつけて動詞になる熟語(サ変動詞の語幹)が入ります。 パターンを覚えてしまえば、簡単に使い分けができます。

Next

受け取る(うけとる)の類語・言い換え

「受け取ります」「受領いたします」「頂戴します」の順に、敬意の軽い表現から解説します。 ただ、慣れですから、人によっては違和感を感じない人もいると思います。 つまり、自分の動作に対してのみ使える敬語ですので、相手に使わないように心がけましょう。 査収という言葉には、「よく確認して受け取る」という意味がありますので、しっかり確認してほしい書類を送る際などに適しています。 敬語は社会人として必要不可欠なスキルであるため、誤った使い方をしないようにしましょう。 受けとる• 簡潔に敬意を示すなら丁寧語、相手を敬う表現をするには尊敬語、自分がへりくだって敬意を表すなら謙譲語を使います。 「食物を取る」意味合いでの使用では、例文として「朝食にバナナを頂いた=食べた」が挙げられるでしょう。

Next

「受け取る」の敬語表現|尊敬語・謙譲語・丁寧語

「駅で先生をお待ちいたします。 ホントに色々と使えます。 「領収書」は「受け取ったこと」をあらわす証明書ですが、「預り証」は「一時的に預かったこと」をあらわす証明書になります。 実は「お名刺」というのは、使うシチュエーションによって使い方が変化します。 謙譲語で「お伝えします」は誤り?! まずは敬語の分類について見てみよう 敬語は、「尊敬語・謙譲語・丁寧語」の3種類に分類されるのが一般的です。 送る側のみが使用する言葉ですので、受領を確認する受け取った側が使用すると意味が通らなくなってしまいますので注意しましょう。

Next

「受け取る」の敬語表現|尊敬語・謙譲語・丁寧語

例文「本日、会費を受領いたしました。 ただし、相手と関わりなく、自分側だけで行為が完結する動詞の場合 検討/協議/都合/予定/納得、など は「ご~する」ではなく「~いたす」を用います。 この場合にも、謙譲の気持ちが残っているので、敬うべき人、つまり目上の人の動作に対して用いません。 ・直属の上司に退職願を提出する。 たとえば、「お教えいただけますでしょうか」の場合は補助動詞の役割をしているので、「お教えいただけますでしょうか」としてひらがな表記が正しい使い方です。 3.「受け取る」の謙譲語 目上の人や取引先に対して自分が「受け取る」場合に謙譲語の「頂戴する」「いただく」を使うことが多いです。 そして、「取得する」意味合いでの使用では、例文として「ヒットラーがフランスを電撃で占領した」と「頂いた」意味合いを持ちます。

Next

「頂く」と「いただく・くださる・戴く」の違い・使い方・類語

と思い、教えて欲しいです。 まず謙譲語 I の「お ご ~する」が成立しないと成り立ちません。 重要なのは「立てている」事です。 相手に渡す場合に使います。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 つまり同僚や先輩相手には丁寧語、目上の人や取引先相手には尊敬語や謙譲語と使い分けます。 「次回の会議に出席させていただきます」 「体調がよくないので、退席させていただいてよろしいでしょうか」 「いただくことは可能でしょうか」の正しい言い換え 「いただくことは可能でしょうか」や「いただくことができますでしょうか」というまどろっこしい言い方も聞きますが、文法的には間違っていないもの自然な日本語とは言えません。

Next

「聞く」の尊敬語・謙譲語は?正しいビジネス敬語を身につけよう!

贈り物を送る場合には『ご笑納ください』を。 そこで 「上司がお祝いの品をお受け取りになりました」 のように「お・ご〜なる」という尊敬語を使うことをオススメします。 受け取るものは、「お金」や「メール」「書類などの物品」などさまざまなものが考えられるでしょう。 「受け取る」の敬語表現を使った具体的な例文を紹介します。 許可を得るという意味合いが含まれる「いただく」をこの場合には使えません。 相手を主語にする場合は「拝受」を使わないため、 「お受け取りいただけましたか」「お納めになる」「ご査収くださいますよう」などと言い換えましょう。

Next

ビジネスでの「受け取る」の敬語の使い方と例文19選、英語表現6選

特に、自分から頼んで物をもらった場合に使われれる謙譲語です。 名刺は和語になるので、「お名刺」と表現します。 内容を確認次第、再度こちらよりご連絡します。 こうすると、あなたが相手よりもっとず〜〜っと偉いひと(目上のひと)であると勘違いしてしまいます。 ビジネスの場では簡潔に「受領いたしました」で十分です。

Next

「受取」「受領」の敬語とは?|ビジネスメールの書き方【例文あり】

「届く」という言葉はビジネスシーンで使うケースが多いため、なるべく丁寧な言い方に変換したいところです。 これは名刺交換に限った話ではありませんが、せっかく正しい名刺交換の方法を心得ていても、敬語で印象が台無しになってしまっては意味がありませんよね。 また、補助動詞として使う場合には、話し手または動作の受け手にとって恩恵となる行為を他者から受ける意を表すとして用いられます。 それぞれに意味がありますので注意が必要です。 「拝受いたしました」としないように。

Next