新型 コロナ スウェーデン。 スウェーデンが、高齢者の新型コロナ治療を後回しに

マスク着用に「ノー」を貫く、スウェーデンの新型コロナ対策 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

例えば「集団免疫の獲得自体は目指していなかった」とか「医療サービスを確保できるようにウイルスの 蔓延をを遅らせることを目標にしていた」など、かなり過去に説明したことと矛盾(前者)、および、 自己矛盾(後者)が生じています(参考1)。 若者は社会を通常通り動かすために出来ることをすべきだと思う。 いったい何が問題だったのだろう。 しかし、T細胞を計測することは抗体を計測することより難しいので診療においてはT細胞の計測は行いません。 ただただ、この新型コロナウィルスが早く収束すること、そして感染されたすべての人が早く回復されることを切に願います。 それを待っているとしたらある意味恐ろしいですね。 アインホルンは「当初は無症状者が感染を拡大させる可能性は完全に否定されていました」と指摘する。

Next

スウェーデン流「ゆるいコロナ対策」が医療崩壊の抑止力となったワケ(綿貫 朋子)

NY Times北欧総局長が歩いた5月1日の街をご覧ください。 人々は通常の生活に戻り、ほとんど誰も感染しなくなっています。 スウェーデンが厳しい措置を見送る背景には、国民の自主性を歴史的に重視する土壌があるともいわれる。 (そのうちGoogleあたりがビッグデータを活用した感染症対策の機械学習モデルを発表しそうですが…) また、最近議論になっているファクターXについても、おそらく数個のファクターではなく多数のファクター が相互に関連しあう複雑な因果関係が想定されるでしょうから、人の頭で考えるのにも限界があり、やはり 複雑な因果関係を確率的に表現できるベイズ理論(ベイジアンネットワーク)、IBMのワトソン等の 機械学習モデルの活用が期待されます。 テグネルは記者会見で、抗体が確立するには数週間かかるため、現在の抗体検査の結果は4月末の状況を反映している可能性があると語っている。

Next

新型コロナ スウェーデン、死者数突出 集団免疫戦略裏目? 北欧各国、移動再開警戒

マスクを着用する。 本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています) *このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。 日本は致死率の高まる高齢者人口が多いので、先の記事のように年齢人口で重みづけすると約8. 付け加えるなら、集団免疫策が有効なのは抗体を獲得した後の免疫力が続く間だけです。 8歳で、EU最年少。 。

Next

スウェーデンの新型コロナウイルスの死亡者数は、なぜ他の北欧諸国に比べて10倍近く多いのか?

マスクしてる人もいないので、今日は外しますね」と総局長。 人口が約1000万人のスウェーデンに対し、他の3カ国はいずれも500万人台と半分程度であることを差し引いても、スウェーデンの感染者数、死者数は3カ国に比べ相当多い。 「」 現代ビジネス という記事では、スウェーデンの集団免疫策を肯定的に紹介しています。 スウェーデンの感染者の増加を1週間単位でグラフにしてみます。 また、以前に当方があったらよいなとお話ししたモデルに近いものですが、一つの国を細かい領域 に区切って、境界の間の移動を微分方程式で表現するものがありました(参考2)。 また、まだ子供から聞いただけですので、公式な情報ではありませんが、今回の新型コロナウィルスを回避するために両親の判断で学校を休むことを許可するそうです。 こうした状況ですから、かつて「日本もスウェーデンを見習うべき、彼らは乗り越えて勝利した」と言っていた人たちも、スウェーデンについて語らなくなりました...... このモデルでは、米国の死亡者数の予測もSEIRモデル単独のものより直感に沿うようにみえます。

Next

新型コロナ: スウェーデンに学ぶ新型コロナ対策※追記あり:IT's my business:オルタナティブ・ブログ

しかしそれでも、フランスの435人、英国・イタリアの542人、スペインの615人に比べると少ない方だ。 学校閉鎖や外出禁止といった厳しい規制を敷く国が多い欧州で異色の対応だ。 多くの人々に知られているように、スウェーデンは新型コロナウイルスの流行に対しておそらくは世界でも最も緩やかな対策を行ってきました。 ルンド大学のフランクスは、「政治家たちは国民の指示を得られている限りは、専門家の意見に従うはずです」と言う。 隔離する戦略は失敗しています。

Next

スウェーデン流「ゆるいコロナ対策」が医療崩壊の抑止力となったワケ(綿貫 朋子)

当のスウェーデンの方々はどう思っているのか? に書いた通り、スウェーデン在住の久山葉子氏の記事によると、 世界では今「スウェーデンは国民を使って実験をしている」なんていう不穏な見方もされているようですが、住んでいるわたしたち自身は一時に比べるとかなり不安が解消され、気持ちも落ち着いています。 一方で、こちらも議論の余地はあるが、経済面での回復は早い可能性が高い。 新たなコメント、過去コメントについては「」を参照してください。 第二波が来て、それより多くの方が亡くなるでしょうが、それでも収束はします。 マスク姿も見えない(4月22日、ストックホルム市内) ロックダウンしなかったのは「証拠がないから」 新型コロナの感染拡大に対して、世界中の国々で、強制力のあるロックダウンの措置が取られてきた中、WHO(世界保健機構)の出したガイドラインに沿わずに、ロックダウンしないという大胆なやり方で挑んで注目を集めたのがスウェーデンだ。

Next