ハゲタカ の えじき ルール。 ハゲタカのえじきのルール&戦略【気が合うほど辛くなる⁉】

ハゲタカのえじきのルール&戦略【気が合うほど辛くなる⁉】

出したカードは手札に戻さず、捨て札になります。 ・得点カードの出方が気になる ハゲタカの場合次に出る得点カードの気になる部分は持っている数字カードで取得できるかまたは取らずにいられるか、あとは他プレイヤーの残りカードとの兼ね合いです。 場に出た数字カードがバッティングした 他の人と数字が被った 場合、 次点で大きい 小さい カードを出した人が受け取る。 獲得したハゲタカカードの数字を合計し、一番得点が多かった人の勝ち。 4人プレイなら山札の横に4枚の得点カードを出して、それぞれ手札から数字カードを出します。 (対象年齢7歳以上) 1から15までの数字が書かれた 数字カード(手札)と 「-1から-5」、「1から10」の数字が書かれた ハゲタカカード(山札)を使う。 まずこちらを遊ばれたことのない方向けに説明しておくと、は、全員が1〜15の数字の書かれた全く同じカードセットを使って得点カードを奪い合うゲームです。

Next

「ハゲタカのえじき」簡単ルールで盛り上がる!2人より3人、3人より4人でジレンマを楽しもう!|生きてる間は暇つぶし

【ゲームの勝者】 ・取ったハゲタカカードに描かれている数字を合計し、一番多いプレイヤーが勝ちです。 そんなミラリスとは一体どんなゲームなのか…! では続きましてミラリスのルールを説明します。 ただし、バッティングする(数字が他のプレイヤーとかぶる)と、次に高い得点のプレイヤーが得点GET という感じ! 手札のリソース(1点~15点)を、どういう順番で出すか? 他のプレイヤーと行動(出すカード)がかぶらないように、どうやるのか? がポイントです。 もしかしたらバッティングにバッティングを重ねた結果2枚しか得点カードを取れなかった人がキャターカードの効果によって逆転勝ちするかもしれない。 各プレイヤーは同色の1~15のカードを受け取る。

Next

【ボドゲ】ハゲタカのえじきのレビュー│ペンキ黒に白

バッティングが面白い• そのときは、山札のカードは次のターンに持ち越しです。 ハゲタカカードの大きさによって、 どれくらい大きな数字を出すか駆け引きするのが、このゲームの醍醐味です。 ゲーム概要 手札の数字(1〜15)を使って場に出された「ハゲタカカード」を取り合います。 ですから、3人でプレーしていて、得点は10点の場合、誰もが大きい数字のカードを出して得点を手にしたいところですが、こんなとき場に出た数字カードが15、15、1となったら、1を出した人が10点を手にすることになります。 選んだら、自分の手元に裏向きで置きます。

Next

【ボドゲ】ハゲタカのえじきのレビュー│ペンキ黒に白

そのためプレイ人数が少なければ少ないほどどこで何点のカードが出てくるかはほとんど読めません。 【2枚のハゲタカカードの 合計がプラスの場合】 一番大きな数字を出した人が2枚のハゲタカカードをまとめてとります。 これがジレンマで、面白いポイント。 【重要】バッティングしたら獲得権なし ただし、単純に「高い数字を出しておけば大丈夫」というわけではありません。 僕も通販で購入しました。

Next

【簡単ルール説明】ハゲタカのえじき

各プレイヤーは手札に1~15点のカードを持つ• 2ターン目 -4のカードが出ました。 この場合は、12を出したプレーヤーを除いて、一番数字の低いプレーヤーがマイナスポイントを取ります。 全員同じ15枚の手札でスタート 山札を作る 山札には「-5~10」までの15枚の得点カードがあります。 (笑) ゲームの終了と得点計算 「ゲーム進行」の1〜4を15回(ハゲタカカードの枚数分)行い、ハゲタカカードと全員の手札が無くなったらゲーム終了です。 一番右は「6点と7点の得点カードが0点になってしまう代わりに、合計点数が2倍になる」カード。 「どこで弱いカードを切るのか?」が勝負のポイント 『ハゲタカのえじき』はプラスカードにしろマイナスカードにしろ、一番小さな数字を出したプレイヤーが不利なことには変わりありません。 ・・・つまり!得点を稼ぐにも、失点を避けるにも 大きい数字カードは なるべく残しておきたいというわけです。

Next

単純なのに奥深い!カードゲーム「ハゲタカのえじき」

実によいバランスだと思います。 通常のハゲタカカードには1~10までのプラスの得点が書かれていますが、中には「-5」「-2」といったマイナスカードが存在。 とても有名なゲームですし、実際めちゃくちゃ面白いです。 特別ルール 同じ数字を出したプレーヤーは、得点争いに参加しない これが発動します。 この辺の読み合いが面白いところです。

Next

ボードゲーム「ハゲタカのえじき」のルールや楽しみ方

ハゲタカはラウンド数と得点カードの数が同じですが、ミラリスでは得点カードがたくさん余ります。 このキャターカード12種がゲーム開始前全員にランダムで数枚配られ、その中から各プレイヤーは好きな1枚を選びます。 それができてはじめてこのゲームが面白くなります。 できれば4人以上で遊べると、駆け引きや読み合いがさらに楽しくなりますね。 ・このとき、 もっとも小さい数字が2枚以上あった場合、その数は無効となり、次に小さい数字を出した人が得点カードを受け取ります。 このため、 欲しいカードには15点を出したいけど、かぶるかもしれないから14点をだすなど、駆け引きが広がります。 対戦するプレイヤーによって違った楽しみ方ができる。

Next