やまと 尼寺 まっちゃん 過去。 住職・密榮さんの過去、観音寺に入るときの様子が語られていました。それまでは汚いお寺だったそうです

「やまと尼寺精進日記」みんな、いくつ?

お菓子を手づくり、潤子さんたち里の女性を招いて庭のイチョウの下でにぎやかにお茶会を開く。 真面目なお話になりそうだけど、慈瞳さんの豪快キャラも見たいなあ…という希望^^。 密榮さんは音羽山観音寺のご住職です。 上記引用部がそれです。 仏典にある食事メニューを詳細に検討した論文があるのですが、仏典に記載のある仏教徒の食事も9割近くが菜食でしたが、乳製品は食材として非常にポピュラーです。

Next

戯言と、「やまと尼寺 精進日記」(*´ー`*)。 長月のラタトゥイユと、夜の縁側とか。

これくらい商売っ気があってもいいと思う。 去年2016年ののインタビュー記事にお二人の年齢が記されていました。 いつものような放送がいつものように放送されていました。 なぜ、中国(漢民族文化の国とした場合)で、乳製品が忌避されたかと言えば、これには歴史的な背景があると考えられます。 ブログは、まだ投稿も少ないですが、本当にお寺でのまっちゃんの日常のことが書かれています。 ヨモギやユキノシタの天ぷらはしたことがあるけれど、スギナを食べるという発想は全くなかったたから。

Next

住職・密榮さんの過去、観音寺に入るときの様子が語られていました。それまでは汚いお寺だったそうです

出演者 『やまと尼寺 精進日記』の出演者についてです。 そしてこの番組の魅力は、尼さんたちの飾らない毎日の暮らしを伝える内容だからだと思います。 まっちゃんはどのような過去や経緯があって観音寺でお手伝いをしているかは結局はわからなかったですね。 それだけでもあの尼さんたちは純粋に「精進」できるような気がします。 私が想像していたのより、ずっと上(特に副住職さんは)ですね。 でもそれを維持する側は「癒される」とは程遠いのではないでしょうか。 やっぱり山に入らなければダメかな~。

Next

Eテレ「やまと尼寺精進日記」が終わっていた

まだ30過ぎでね、小柄やし、(頭が)つるつるでね。 花好きのご住職を中心に、お寺の庭に所狭しと咲く四季折々の花。 最寄り駅 【列車】• 「ねこ餅」とは何? 個人的に今回の放送で最も気になったものは「 ねこ餅」です。 それは良いのですが、いくら慣れているとはいえ、あの暗い山道を女性一人で登って来るとは!本当にひとりできたのだろうか?そして月見の宴が終えたら、またひとりで暗い山道を下って行ったのだろうか?山道に電灯なんてあったけな?疑問は残ったまま・・・。 Eテレ『やまと尼寺 精進日記』 豊かな季節の恵みを知恵を工夫で極上の精進料理にする、奈良・桜井の尼寺。 まずは「 後藤密榮(ごとう・みつえい)」さん。

Next

【やまと尼寺精進日記】まっちゃんのホームページが出来てる!Instagram、Twitterも。

番組の最後は、いつもの縁側に3人が集まる。 7年ほどお寺のお手伝いをしている方です。 鈴虫は、リーリーと鳴いている。 ヒグさんこんにちは。 Eテレ『やまと尼寺 精進日記』 Eテレのテレビ番組『 やまと尼寺 精進日記』についてです。 この放送を逃しても、 土曜日の午前5時半に再放送が行われています! 献立に関する特番「季節の恵み献立張」や総集編の特番SP「やまと尼寺 くいしんぼ日記」なども放送されました。 慈瞳さんも「まっちゃん」もそうです。

Next

静かなブームが到来中? 自然に囲まれた尼寺で暮らす、三人の女性の暮らしぶりを追ったテレビ番組「やまと尼寺 精進日記」。その書籍化第2弾が反響大にて発売即重版決定。

おわりに ということで、『やまと尼寺精進日記』が最終回を迎えたことと、2020年4月からの放送はどうなるのかについて書いた記事でした。 仏教本来の教えを人々に伝えるには、檀家の無い小さなお寺の方が良いのかも知れません。 世界中で人間の活動が中止ですから仕方がないことですね。 おすすめの方法かどうかはわかりませんが、無料の31日間に一気観して、解約すれば実質無料で観ることもできますね。 「幸せになる絵手紙」や「4コマ漫画」を発信していきます! 最新は、「ホースで水をかけるとやたら喜ぶスイカ」のイラストが投稿されています。 去年はNHK出版から「やまと尼寺精進日記」(¥1,600+税)という本も出版されました。 のほほんとした犬猫の日々をお届けします! こちらは、説明では「のほほんとした犬猫の日々…」ということです。

Next

やまと尼寺精進日記再放送~ずぼらにとっては必要な番組

見覚えのあるまっちゃんのイラストで、観音寺の日常がほのぼのと描かれています。 味付け&色付けは、青じそ(青紫蘇)を入れたり、節分のときの豆を入れたり、ヨモギ(蓬)を入れたり、紫芋を入れたり、古代米とゴマ(胡麻)を入れたりして、彩り鮮やかな「ねこ餅」が出来上がっていました。 人気ブログランキングにも参加しています。 「なんでこんなに太ってるのかなあっ!!」と大きな声で振り返って母親に叫んだ。 この番組を見ていてまた不思議なことが・・・十五夜のとき、お寺の3人が縁側で月見をしているところに、麓の潤子さんが懐中電灯をぶら下げてやってきました。

Next