微笑む 人 ネタバレ 解説。 『微笑む人』(貫井徳郎)あらすじ感想レビュー【ネタバレなし】|とまとまり木

微笑む人のキャストとあらすじ!原作と最後の結末が違う!犯人は仁藤?

制作協力 -• 奥多摩99キロ、参戦記。 『微笑む人』 貫井徳郎 ゾッとする不思議な作品 正直なところ、ショックを受けてもう一度読み直してしまう、そんなストーリーでした。 事故後、仁藤はそのポータブルゲーム機を手に入れていた 要するに 『仁藤は人気のゲーム機欲しさに同級生を事故に見せてかけて殺害したのではないか?』 という疑惑が浮かび上がってきたのです。 チャラいところもあるが人脈が有り、仁藤俊美に関する有力な情報を掴むこともある。 仁藤俊美のことを大学・高校と過去を掘り下げていくと小学生の時のある出来事にぶつかります。

Next

【微笑む人】実話の噂は本当?原作小説を読んだ人の感想も紹介!

爽やかですし、裏に隠していることなどもなさそう…。 事件の真相を追いかける尾野真千子の記者が、原作の小説家のようにそのことに気づいて呆然とし、松坂桃李の仁藤が微笑んで終了、という結末になるのではないでしょうか? 犬嫌いの俊実が隣家の犬を嫌がったためでは、とライターの「私」は考えます。 もし仁藤が完全な無罪だとするならば• この原作は、あらすじを知っているから読まなくても良い、というレベルの小説ではないと思います。 鴨井晶は夫にも仁藤俊美にも 自分の考えた物語を押しつけようとしていたけれど、 どちらも自分の描いた結末とは違っていました。 「答えはない」を前提に置きつつ、•。

Next

ドラマ『微笑む人』のネタバレ最終回結末を原作小説から予想!あらすじやキャストも

その理由が、今になってようやくわかった。 上国料が仁藤を殴っているところを目撃した人間がいる おそらく事の真相は次の通り。 救急隊員が現場に駆けつけたときの状況、搬送先の病院での様子を知れば知るほど、仁藤への疑念を深めていく晶。 ふつうに考えれば「じゃあ、二年間我慢しよう」という結論になりますよね。 ドラマは鴨井晶の視点で話は展開していきます。 「いい人」と評される仁藤だが、過去に遡るとその周辺で、不審な死を遂げている人物が他にもいることが判明し……。

Next

微笑む人

」 びっくりを通りこしてこんな誠実な男がいるなんて。 仁藤は「いい人」と評判の人物ですし、なにより犯行動機 (メリット)がありません。 そんな中、仁藤俊美の小学校時代の同級生「ショウコ」の父親が転落死していたことを知ります。 最初に殺害場所を見たのは、救急隊員だ。 それにしても殺人犯の亭主の人物像は極めて不気味。 「ショウコ」の義父は階段からの転落して死ぬのですが・・・ 結局、誰が殺害したのかはわからないまま。 元々の原作のラストも賛否両論あるラストで、今回のドラマでは明確なオチをつけるのか?貫井さんのコメントを読む限り、満足感を得られるラストになっているのではないかと語っています。

Next

ドラマ【微笑む人】キャストとあらすじ|オリジナル要素が満載!

逮捕された仁藤俊実は精神疾患もなく、問題ある人物には見えません。 サイコパスな仁藤俊美がどう描かれているのか? 「ショウコ」のなぞ 放送されるのが楽しみです。 「真相はこうだったんじゃないか?」• 不幸にも家族殺害が珍しくなくなった昨今、仁藤の妻子殺しが注目を集めたのは、この動機からでした。 しかし、目撃証言の他にも証拠が出たため、仁藤俊美は観念して罪を認めます。 鴨井晶は夫を殺してしまい、 仁藤俊美と同じ拘置所に入ることになりました。

Next

微笑む人

女の子の家庭は荒んでいて、母親の再婚相手である義父からは性的な虐待を受けていました。 犯人の仁藤は世間を騒がせ、ワイドショーでも連日報道された。 読後には「何が真実で何が嘘だったのか?」という混乱だけが残りました。 「微笑む人」の犯人・仁藤俊美(松坂桃李)も、最難関の大学に現役合格し、大手都市銀行で働き、結婚後は愛妻家だと評判で、高級マンションで妻子と幸せに暮らすエリートでした。 仁藤俊美とは子供の幼稚園が同じで事件前からの知り合い。

Next

【微笑む人】キャスト・あらすじを徹底調査!「ショウコ」とは!?

ORICON NEWS. それはいったいどういうことなのか? ドラマの中で「ショウコ」がどのように描かれるかを注目したいです。 このいかにも嘘っぽく理不尽な動機を大手メディアは当初大事に取り上げなかったが、SNSで拡散され、世間の注目を集めることになる。 エリートサラリーマンの仁藤俊美(松坂桃李さん)は 安住川でピクニック中に妻の抄子(かんこさん)と 娘の亜美菜(池谷美音ちゃん)を溺死させます。 まさに仁藤俊美が指摘したとおり、 「不安なのは貴女自身」だったという訳です。 小説家の「私」はカスミに会って話を聞くことにします。 消化不良という終わりに感じるかもしれませんが、この終わらせ方に仕上げた点に関しては非常に興味深く、著者の貫井さんのペースにまんまとはまってしまったなぁという気分にもなりました。 仁藤俊美にとってゲーム機が手に入ったのは 彼の「ラッキーだったよ」という言葉どおり 偶然だったのだと思います。

Next