台湾 コロナ 渡航。 韓国・中国・台湾・香港 ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(5月12日版)

日本、台湾とのビジネス往来を再開へ 外交部「新型コロナ対策成果への評価」(中央社フォーカス台湾)

我々日本人にとっては3番目の国際旅行の部分が重要なところです 国際観光を段階的に開放 国際旅客についてはぼぼすべて規制されている現状ですが、10月1日から段階的に規制が緩和されていく計画です。 16か国の中には台湾も入っています。 海運旅客便• 冒頭と同じ内容です。 感染増加が落ち着いたことと、 7月からの政府による国内旅行の拡大政策の実施により、国内旅行への需要が高まり 観光地は活気を戻しています。 【台北時事】台湾の衛生福利部(日本の厚生労働省に相当)は17日、新型コロナウイルスの感染が広がる日本の感染症危険情報をレベル3の渡航中止勧告に引き上げると発表した。

Next

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限

渡航制限を一段と強化し、感染拡大を抑制したい考え。 野生の動物や鳥には触らない 台湾に来る前にすること• マスク購入には台湾の保険証が必要• 他院での検査をお勧めしています。 台湾入境には入境許可の他、搭乗時 3営業日以内の新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明書(英語版)の提示、航空機の搭乗前に入境検疫システムサイトへの登録などが求められ、 入境後は 14 日間の在宅検疫が必要となります。 ビジネス関係者、管理者、技術者、技能実習生に絞られます。 詳細はをご覧ください。 30分(場合によっては1時間)以上前に並ぶ• 欧州域内では、域内の移動の自由を保障した「シェンゲン協定」が結ばれているため、域内にいったん入ると原則パスポートの検査なしで協定加盟国内を行き来できるようになる。 また、台湾、ブルネイの両国とも新型コロナウイルスの感染拡大が抑制できており、台湾は6月29日時点で2カ月以上、ブルネイは1カ月半以上、新規感染者が出ていない状況が続いている。

Next

台湾、日本への渡航を最高レベルの「警告」に引き上げ 年間489万人が訪れる台湾訪日客は大幅減へ

入境制限&新型コロナウイルス対策&発生状況 3月19日(木)以降、日本人を含むすべての外国籍者は、原則、 台湾へ入境禁止となる措置が発表されました。 外国人観光客による台湾への入国は、10 月から認める方針だ。 同日の新規感染者はゼロ、累積感染者数487名(うち回復者462名)でした。 レベル1はタイが指定されている。 9 月1 日(火)現在、海外への渡航歴を持つ人以外の感染は 142 日連続でゼロ 4月中旬以降、域内の 新規感染者無し) となっています。

Next

旅行代理店勤務者が見る今の台湾!入国情報とコロナウイルスの現状を踏まえて徹底解説!

なお、すべての 公共交通機関では マスク着用が義務付けられています。 【更新】 [7月下旬の台北駅、台湾新幹線(台湾高速鉄道)改札。 9月8日からは、入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、ビジネス目的の渡航者に限り受け入れを再開する予定です。 マスクの販売は政府によって管理されており、健保薬局やコンビニで購入することができます。 今後停留(学生)ビザが発給再開となりましても、同じような対応になる可能性もございます。 しかし新規定として、180日制限が一時的に撤廃されます。 7-4. 便名は「NH851/852」で、月曜・金曜日の週2往復便。

Next

台湾:入境規制緩和 10月の渡航制限解除に向けて歓迎できる動きです|一人旅おじさんの飛行機・マイル・グルメ情報

健康保険が適用されません。 交通部の林佳龍部長は「台湾は、アジアだけでなく世界において、最も早く観光業界が回復する国となるだろう」と観光業界の早期回復に自信をみせた。 2020年5月5日現在の、韓国・中国・台湾・香港と日本の出入国の規制状況は次のとおり。 台湾 台湾は、3月19日から原則外国人の入境を禁止し、3月24日から航空機のトランジットを禁止する措置を取っています。 現在、台湾の公共交通機関や病院などの公共施設では、マスク着用が必須になっています。 機内は消毒と除菌を徹底する。

Next

渡航検討中の皆さんへ新型コロナウイルスの規則と罰則そして台湾の現状

ビザの日数は台湾入国の翌日からカウントされます。 詳細はダウンロードしてご覧ください。 「居家検疫」も「居家隔離」も外出は認められません。 他の国・地域の措置については• 日本の大手新聞の分析によりますと、ベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドの四ヶ国の一日当たりの入国者数は、2018年時点では平均6000人でしたが、アメリカ、韓国、中国大陸、台湾からの入国者数は、一日平均6万1000人で、日本の一日当たりの入国者数全体の7割を占めています。 僕の台湾人の奥さんも6月に台湾に戻る予定がありましたが、こんな状況なので しばらく台湾へ帰国するのは難しそうですね。 ブログ後記&台湾の日常風景 ここからは現地スタッフが撮影した台湾の日常風景をお届けします。 ただし、6月1日から非定期商用便またはチャーター便によってインドへ渡航する商用及び就労目的の外国人の入国を許可しています。

Next