コロナ 生物 兵器。 新型コロナウイルスは生物兵器になり得るのか? 致死率が低くても敵の戦力を低下させることは可能

【新型肺炎】生物兵器だった場合「常識を超えて進化する可能性」! コロナウイルス=兵器疑惑「4つの根拠」

今年4月には太平洋上で米海軍の空母「セオドア・ルーズベルト」の乗員約4800人中1000人以上が新型コロナウイルスに集団感染して艦が機能不全に陥り、中国の台頭で緊迫するインド太平洋地域の防衛体制にも少なからぬ影響を及ぼすことが懸念された。 ORG. WSJ記事では単に「カナダ・モントリオールに拠点を置く、他のメディアとは異なる視点の記事を掲載するウェブサイト」「独立系の研究・報道組織を自称するウェブサイト」としか触れていないが、実はこのメディア、フェイク情報工作ウォッチャーの間では有名な陰謀論サイトだ。 (中略)新型コロナウイルスはこの研究所から流失したものなのではないか、という噂は専門家からも聞かれます。 記事内容は、必ずしも本サイトの見解を反映するものではありません。 西側諸国の分断を煽るような言説の出どころはロシアの情報工作、というケースが昨今増えているが、チョスドフスキー氏らグローバル・リサーチの一派はその拡散に少なからず関与している。

Next

「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!

生物兵器に使われる可能性がある細菌やウイルスの代表例は、炭疽菌や天然痘ウイルス、ペスト菌、ボツリヌス菌などが知られている(注4)。 もし新型コロナが自然発生したのなら、 人間の死は自然現象の1つに過ぎない。 1995年にオウム真理教が起こした地下鉄サリン事件で使われた自己精製のサリンは、元来ドイツで開発された化学兵器で生物兵器ではないが、ごく微量で大量の人間を殺せる。 国家安全保障戦略の見直しに際しては、過去7年間の戦略環境の変化と、新型コロナ収束後を視野においた「ポストコロナ」対策が反映されなければならない。 通常兵器や核・化学兵器と異なる特徴としては、使用してから発症まで数日から数週間の潜伏期間があるため使用の事実を確認するのも困難で、攻撃された側はどうしても対応が遅れ、その間に感染がさらに広がってしまうのもやっかいな点だ。 ではなぜ今回「新型コロナウイルスは生物兵器だ」との説がネット上に飛び交っているのか。 ショハム氏がなぜ 「生物兵器」の存在を疑っているのかについては、カナダに勤務していた同研究施設のウイルス学者のグループが、 エボラ出血熱を含む最も危険なウイルスを不正に中国に送った疑いがあるからです。

Next

(2ページ目)「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!

一度、中国共産党指導者らが生物兵器を完成させたとき、彼らは世界的支配者となる「チャイナドリーム」を達成するために脅威的なパンデミックを解き放つことをためらうだろうか?共産党の指導者がそのような「暗殺者の矛」を使用するとは考えられないと疑う人は、どのような道徳心や倫理観が彼らを自制させるのか明確に説明してほしい。 そのうえで、共同筆者の感染症専門家マイケル・オステルホルム氏(米ミネソタ大)らは、「感染阻止には軍の作戦計画の立て方から学ぶことが多い」と述べ、「事態が大きくなってから現場で顔を合わせ、名刺交換から始めるようではだめだ」など、公衆衛生部門の人々が軍や警察関係者と日頃からネットワーク作りに努める必要を改めて説いている。 カナダ研究所への潜入 邱香果博士はもう一人の中国人科学者 彼女と同じくNML勤務 特に「科学技術」が専門のKeding Cheng博士と結婚している。 つまり、中国政府は今回のウイルス感染・拡大を国防問題として対処しているということになります。 1月 アメリカの新聞紙 インド・デリー大学、インド理工学院の研究者が 「HIVと新型コロナの遺伝子配列に不自然な類似」 「新型コロナが自然発生するとは考えられない」 ハーバード大学教授 「ウイルスの発生源は海鮮市場ではない」 本人が反論 セキ・セイレイ 「命を懸けてもいい」 「実験室とは関係がない」 「話が通じない」 「お前たちの臭い口を閉じろ」 反中寄りの動画 その後、 インドの科学者は論文を取り下げた。 第一次世界大戦では、独・仏が塹壕戦打開のため塩素やホスゲンなどの化学兵器を用いて、相互に40万人を超える死傷者を出した。 75~、著者・河添恵子氏)を掲載。

Next

新型コロナ巡る2つの陰謀説を徹底検証する 米中によるバイオテロはあり得るか、北朝鮮は?(1/7)

微生物研究室の責任者である教授は ナイフでノドを切って自殺した。 「SARS を変形させたもので、それも化学兵器として変形させたものなのではないか」という疑いです。 1954年に開設された同施設は主に家畜に対する疫病を研究する施設だが、黒い噂が絶えないことでも有名だ。 通りは閑散としている。 2019年9月の訓練 武漢の国際空港で 新型コロナウイルス患者が出たことを 想定した軍事演習があった。

Next

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

「オタワ大学名誉教授」らが陰謀論の発信源 オタワ大学名誉教授で「センター・フォー・リサーチ・オン・グローバリゼーション(CRG)」所長のミシェル・チョスドフスキー氏の講演。 前文で、生命を脅かし社会と経済に混乱をもたらす感染症は「始まり方が自然発生でも、研究所などの事故でも、故意によるものでも同じだ」として、その脅威が強調された。 そして、カナダの研究所で働いていた中国人研究者が送り主であることまで突き止められた。 「これは戦争行為ではなく、中国の本当の狙いは、世界的な救世主として君臨することです。 いずれにしても、こうした怪しい人物が、怪しげな陰謀論をネット媒体に書くことは、そう珍しいことではない。 「まず、あらゆる兵器体系の目的は、敵の無力化です。

Next

保守派による「新型コロナは生物兵器」というトンデモを検証する(古谷経衡)

今後もこうしたサイトからフェイク情報が拡散されることになるだろうが、真に受けないようにご注意いただきたい。 その結果、 命の危険よりも反米感情が上回ってしまい、 アメリカの医薬品や支援まで拒絶しだした。 (了). コロナ宿主のコウモリは街中にもいるが、 同じコロナウイルスでも、 奥地のコウモリは持っている株が違う。 Weaponizing Biotech - China's War for Biological Dominance— GreatGameIndia GreatGameIndia 人民解放軍は生物学の軍事的応用を追求しており、脳科学、スーパーコンピューティング、人工知能など他の分野との有望な融合を模索している。 これまで中国政府当局は、いかなる「生物兵器」も保有していないとの立場を表明していましたが、 アメリカ国務省の回答を求める要請には何の反応も示していません。 しかしそこに政治的な優先順位がつかない。

Next

新型コロナウイルスは「生物兵器!?」~米メディアが報じる疑惑

ともかく私たちに今できることは、 コロナウイルスの感染拡大を防止すること、 手洗い・うがいの徹底、免疫力を上げるために栄養のある食事や十分な睡眠、適度な運動、そして3密を避けるということです。 それに伴い、ネット上では新型コロナが中国で作られた細菌兵器であり、偶然漏れだしたものだという噂が出回りだしたのだ。 自国民の中国への渡航を禁止• 新型コロナウイルスが収束しても、近い将来また正体不明の感染症が流行するリスクはある。 「そんな可能性もあるかもしれない」くらいに思っている人は相当数いると感じている。 が、さらにそれらに尾ひれがついて、陰謀論系サイトに拡散され「やはり中国軍の生物兵器だった」という典型的陰謀論に行き着いたのではないか、と黒井氏は分析する。 杜氏は、今後は現状の感染拡大防止措置の強化、徹底などをはかり、治療薬の開発を急ぐとともに、日本の政権中枢に対しては国家レベルでの対外情報収集力の強化や、有事の際の隔離病院船の整備など、教訓を将来に生かすことの重要性を訴えている。 告発者の一人である李文亮(Li Wenliang)医師が新型コロナウイルスの感染によって亡くなったことを受けて、今や彼らは国民のヒーローとして崇められている。

Next