コロナ ウイルス は 生物 兵器。 「新型コロナウイルスの陰謀論5つ」真偽を全まとめ! 生物兵器、ビル・ゲイツのワクチン、遺体の大量焼却…!

武漢病毒研究所がコロナウイルスの感染源?米紙「生物兵器を漏らした」可能性を指摘

また、本記事は最新情報を随時追加するなどして更新する可能性があります。 しかし結局、 こういった推測を裏付ける直接の証拠がなかったため、Botao Xiao教授自身が論文を撤回した、とは報道しています。 開発中の生物兵器が意図したほどうまく機能しないという事実は、生物兵器ではないという証拠にはならない。 この論文を「隠された真実だ」として、アメリカの陰謀論サイトが大々的に拡散。 なお、上の 4番目にある「 STING 」というのは、2019年3月のネイチャーの記事によれば、 STINGは、細胞質中のDNAに対する自然免疫応答に重要な役割を担うタンパク質 だそうで、 RNA ウイルスおよび DNA ウイルスの感染に対する生体防御機構に重要な機能を与えるものだそうです。 「これは戦争行為ではなく、中国の本当の狙いは、世界的な救世主として君臨することです。 ただの都市伝説だろうと 馬鹿にしないほうがいいかも!? 信じるか信じないかは みなさん次第です! 最後までご覧頂きありがとうございました。

Next

「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!

RCMPの調査によれば、両者がたびたび武漢の研究所へ戻っていたことも明らかになっている。 新型コロナウイルスの特許が2015年に取得されていた フェイスブックとツイッターを介して広まったのは、今回の新型コロナウイルスはワクチンとして開発され、2015年に特許が取得されていたという言説である。 その後、(米アラバマ大学の)医学部に在学中、海外での災害救助活動へと興味が移り、地震や津波によってすべての人が亡くなっているのではなく、その後に発生するマラリア、デング熱、水系感染症なども亡くなる原因であることに気付きました。 2016年にはAMMSの博士研究員が論文「人間の能力向上技術の評価に関する研究」を発表し、「CRISPR-Cas」を兵士の戦闘効率を高める可能性のある三つの主要技術の一つと位置づけた。 中国政府の発表が 全く信用出来ないのは 周知の事実ですよね!? 今後、感染が終息して 発生源の究明が行われれば はっきりするのでしょうが・・・ 限りなく黒に近い気がしますね! 中国メディア「財新」によると昨年末、中国の複数の検査機関が未知のコロナウイルスの存在を確認しながら、中国政府が情報を公開しないよう命令、ウイルスのサンプル廃棄も指示。 嘘?本当?真実味がありそうでない噂情報 ネット上に新型コロナウイルス(COVID-19)に関して、信憑性の低い情報が見受けられます。

Next

新型コロナ「アメリカ起源説」「中国生物兵器説」は両方デマ。発信源は2つの有名陰謀論サイトだった

アメリカの製薬会社が開発したエボラやSARSウィルスに効果があり武漢のコロナにも効果があるとに実証された薬を緊急事態と言う事で中国当局に科学式を公開したところ武漢病毒所に特許登録されてしまった。 こういうものを「遺伝子操作で改変していた」ようなのですね。 彼らはまず、武漢市の海産物卸売市場で販売されているヘビやコウモリを槍玉に挙げて市場を封鎖した。 検査は国立国際医療研究センターで行われました。 読者メニュー• 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 カナダの国立微生物研究所で働いていた頃の中国生物兵器エージェントの邱香果博士 このあたりで何らかの変化が起きたようだ。

Next

コロナとの闘いはどう終息するのか、なぜこうも難しいのか

ー 確かに今は保守系なのだろうが 時々 陰謀論 をぶち上げてるからねぇ~~!! 何処まで信用して良いか!? 但し、中国だからこんな事が有っても 何も不思議では無いがねぇ!!• また、毒性は低いが「適度な」感染で標的をしぼりやすい「カテゴリーB(第二優先度)」には、以下がリストアップされている。 」 生物兵器コロナウイルス 武漢研究所はこれまで、重症急性呼吸器症候群 SARS や新型インフルエンザ H5N1 、日本脳炎、デング熱などのコロナウイルスを研究してきた。 。 単にまだ準備が整っていないというだけのことだ。 技術と設備に加えて、生体材料も必要だ。 中国人ジャーナリストの李文瑞氏によると「P4施設から問題の海産物市場までは約30キロほど離れていますが、 ウイルスが漏れても単独で感染源までたどり着くのは難しく、施設内で感染した人間が広めたと考えられます。

Next

【コロナ兵器】「日本はすでに手遅れ」生物兵器の世界的権威が緊急来日して断じる 「武漢で実験中のウイルスが不手際で漏出」

例えば、武漢ウイルス研究所のでは、コウモリのコロナウイルスとSARSウイルスを組み合わせたキメラウイルスを人工的に作成する実験でヒトへの感染リスクについて報告しているほか、では、新型コロナウイルスとコウモリのコロナウイルスとの類似性を指摘するなどしています。 その代表的なものをご紹介します。 私は(米マサチューセッツ大学アマースト校の)カレッジで救急医療士になる勉強をし、山岳救助に携わるようになりました。 周氏のウイルス学およびコウモリの免疫学に関する研究は、国立優秀青年基金、中国科学院、科学技術省の主要プロジェクトから資金援助を受けている。 本記事は網羅的なものではありませんし、情報が古くなっていたり誤りを含んでいる可能性がある点にもご留意下さい。 , Sang, Y. 誰でも簡単に情報が入手できるようになった一方で、その危険性についても理解する必要があるでしょう。

Next

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

議員発言の直後より、ウイルス研究者たちから異論が噴出した。 今後の展開を見てみないと なんともいえませんが 調べてみて、どんどん疑惑が深まってきたのは事実です。 長春軍医科学院 2. しかし、今回の新型コロナウイルスについては、ゲノム編集の痕跡などは発見されておらず、自然発生のものとみられている。 — あずわさ azuwasa 日本でも新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が確認されており感染拡大に不安が募ります。 TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• 特殊病原体 右 の元チーフであるGary Kobinger博士と研究科学者邱香果博士 右から2番目 は、Kent Branty博士とジョンズホプキンス大学医学部の助教のLinda Mobula博士と面談した。 結論として、中国には生物兵器を作成するために必要な技術、設備、および生体材料がすべてそろっていたということになる。

Next