市況 2。 ◎〔米欧石油市況・詳報〕反発、2%高=IEA需要予想引き上げで(10日)☆1 投稿日時: 2020/07/11 09:15[時事通信社]

きょうの国内市況(9月2日):株式、債券、為替市場

77 0. 25ドル(2. 1855ドル。 市内にある工場などですでにまん延しており、428人目の感染者となった70歳の男性が同31日、最初の犠牲者となりました。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴うロックダウン 都市封鎖 への警戒感は強く、外国人投資家による先物主導で相場が振り回される展開が続いた。 51ドルで終了。 3日 金 はわずか1円高。

Next

市況情報の見方

31日 火 は167円安。 国内株現物取引/米国株式• 1%低下。 、国内では7日発表の7月景気動向指数や8日朝に発表される7月国際収支、10日朝に発表される7月機械受注統計が注目される。 またドルが値上がりしたことで、金の代替投資需要が後退した。 24 - 116. 長期国債先物9月物の終値は前日比4銭高の151円74銭。 1828 - 1. 外国為替• 市況解説 バックナンバー ご留意事項• S&P500種は前日比1. また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 93 -59. 反面、ニコン 7731 、キヤノン 7751 への売りが継続、5-7月期大幅営業減益のアインホールディングス 9627 の下げがきつい。

Next

市況情報の見方

エムスリー 2413 、任天堂 7974 が年初来高値を更新するなど、巣ごもり・遠隔医療関連が買われ、人気テレビアニメとのコラボ・キャンペーンを開始したミクシィ 2121 が急伸した。 オーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)は今後2年で1回の日銀利下げを織り込んでおり、利下げヘッジで中期債を買う動きが強まると中期主導でブルフラット化が加速しやすくなる 国債買い入れオペ• 43 - 140. フック政権は感染症の専門家を入閣させた経緯もあり、重症急性呼吸器症候群(SARS)の教訓として迅速な措置を打ち出したことが効果を発揮。 円上げたのに使用した時間は約5分。 米連邦準備制度理事会(FRB)高官からのハト派的な発言を受けてドル売り圧力がくすぶった一方、前日に2018年以来の高値をつけたユーロに対する欧州当局のけん制をきっかけにユーロ買い・ドル売りを巻き戻す動きが出た。 15円で取引を終えた。 況1が、内式のを扱っているのに対して、市況2では 式・のが扱われる。

Next

2日の主要国際商品市況 投稿日時: 2020/09/03 08:05[みんなの株式]

76 +6. 05 +0. カカクコム 2371 には日経平均採用見送りへの失望売りが膨らみ、セブン銀行 8410 にはゴールドマンサックス証券の弱気レポートが観測された。 6-13年以降で初めて活動縮小示す• 65%• 対象は残存1年以下、10-25年、25年超、物価連動債で、買い入れ額はいずれも前回オペから据え置き• 30 -0. 前日の海外市場では世界的な株安を背景に一時110円33銭まで1%超下落• 米エネルギー情報局(EIA)発表の週間統計は原油とガソリンの在庫減少を示したが、秋に多くの製油所が保守作業に入ることで製油需要が後退する見通しが意識された。 幅広い金融資産に売りが広がったことで、低調な夏季ドライブシーズンに続き、なお需要が落ち込むとの懸念が強まった。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 外部リンク• 前日の全面高から一転• 米10年債利回りは急低下、一時1. 市況2や 「に一番近い」などとも呼ばれる。

Next

今週の【早わかり株式市況】3週ぶり上昇、想定外に相場強く週末の米株急落も下げ限定的

ニューヨーク原油先物相場は続落し、バレル当たり40ドルを割り込んだ。 これを引き継ぐ形で東京市場でもリスク回避の売りがかさんだ。 米国産標準油種WTI先物8月きりの清算値は0.93ドル(2.4%)高の1バレル=40.55ドル。 00 -0. 02 -0. 東証33業種では電機、海運、その他製品、その他金融、水産・農林が上昇• 市況2とは、に存在するの1つである。 7t 保合い. 10 -0. ブイキューブ 3681 は米ズームにつれ高するかたちで急騰、ケイアイスター不動産 3465 は8月月次が材料視された。

Next

今週の【早わかり株式市況】2週ぶり大幅反落、ロックダウン警戒で外国人による先物主導の売り 投稿日時: 2020/04/04 06:40[株探]

。 前日のNYダウは原油高を好感し大幅反発。 2月の米IHSマークイット総合PMIは3. 11 -1. もっとも、株式市場は冷静です。 「アップル関連で村田製作所など分かりやすい銘柄や上がりそうという観測で先回りして買われていたり、任天堂などは買いが買いを呼んで上昇している」と話した。 66 -45. 海外株式 1,395. 市況解説 2020年9月2日 水 2020年9月2日 水 市況解説 大引け 日経平均株価 23,247. ここまでのレンジは0. 1903ドル。

Next