ボーラ wto。 BORA WTO 45 試乗インプレッション

《カンパニョーロ:新製品情報》最もマルチパーパスな存在「BORA WTO 33(ボーラ WTO 33)」シリーズがラインナップに追加されました。

ただし、8%9%くらいの斜度でダンシングでやり過ごそうかなぁーって時にシャマルほどのキレがない。 これは重量の問題というよりも、 リム剛性が高いことが主な原因。 このリムハイトでは十分に軽量ですが、それまで使い慣れていたRolf PrimaのTdF4SLは前後1195gのため、タイヤも考慮すると300gほどの重量増。 日本の定価ベースで計算すると、現在のウイグル価格はやく26%オフなので、実はそれなりにお買い得だったりします。 やったぜ。

Next

《カンパニョーロ:新製品情報》最もマルチパーパスな存在「BORA WTO 33(ボーラ WTO 33)」シリーズがラインナップに追加されました。

またディープリムは横風に弱いと言われますが、ビル風のような突風を除けばハイトが30mmでも60mmでも高速走行中に受ける抵抗に大きな差はなく、強風に煽られるのではという心配はありません。 要するにシャマルより超優秀。 スポークに関しては新しく設計されたひし形断面形状のものが採用されています。 2mmのリムは、確実にタイヤと一体化して高いエアロ効果を発揮。 発送について 入金確認後3営業日以内。 以上の手法により、 あらゆる側面からエアロダイナミクスを試験。

Next

リム&ディスクブレーキに対応! カンパニョーロ・ボーラWTOに33㎜ハイトが登場

だから乗り心地としてはクセがなく、初めてのディープリムでも素直に扱うことができます。 おそらくは、ただ平らなだけの形ではなく、 SAPIM『CX-RAY』のような楕円に近い形状だと考えられます。 。 ご注文やご質問メールの対応は、土日祝日を除く平日のみです。 エアロと登坂の両方を追求するなら、45mmが良さそうですが、フロント33mm、リア45mmという組み合わせも面白そうなので、前後分けてくれたほうがいいですね。 こちらも期待して待っていよう。

Next

リム&ディスクブレーキに対応! カンパニョーロ・ボーラWTOに33㎜ハイトが登場

一般的に理解されていることとは反対に、チューブラー・タイヤのパフォーマンスは最も悪く、 その一方、インナー・チューブを使用するクリンチャー・タイヤの性能は大きく進歩していました。 抑揚をつけて楽しむより、丁寧に淡々と行く方が速くて楽です。 風は変わろうとしています。 入手できる中で最高のセラミック・ボール・ベアリングと、クロニテクトと呼ばれる非常に硬いステンレス・クロム・スチールを組み合わせている。 395• アルミスポークのかかりの良さ。 5mm タイヤタイプ クリンチャー、チューブレス クリンチャー、チューブレス ハブ USB USB スポーク数 F24,R24 F24,R24 日本定価(税別) 295,000 295,000 ディスクブレーキ用は33mmと45mmの二つのみ。

Next

BORA WTO 45 試乗インプレッション

送料について 大きさ問わず、地域別250円からヤマト運輸にて配送。 (ホイール交換時のあるあるですね) さて、改めてやり直すと、 漕ぎだしは軽い。 その後、シャマルに一度戻しましたが、重っ! BORA WTOシリーズから新作がリリースされました。 〇ゼロ発進。 そのWTOのプロモーション動画2つ紹介しておく。 より速く、軽く、そして遠くへ。

Next

CAMPAGNOLO 2020 BORA WTO 45 2WAY

すべての構成部品は他のBORA WTOファミリーと同様エアロダイナミック性能を引き上げるために、風洞実験を通じてさらなる最適化が図られています。 チューブレスに適応 ボーラWTOの大きな特徴では、チューブレスタイヤが使用可能な点です。 しかし、パフォーマンスにおける重要な要素は、ホイールの名前にも由来する風であり、その中を進んでいくことです。 しかし、ボーラWTOだとディープリムに心配していた横風も向かい風も、全くハンドリング、漕ぎ味に影響がない。 「このプロファイルは、シーズンを通じて克服しなければならない多くの異なるコースに対応するための大きな選択肢になるだろう。 そこで、カンパニョーロは過去最大のテストを実施。 お値段を見れば頷いていただけるかと・・なかなかの破格です。

Next

【STAFFBLOG】乗り比べてみました!BORA WTO 45 vs ONE 50!

エアロポジションで淡々と踏み続けたときの推進力は、その高剛性のフィーリングとともに快感になります。 それともやっぱりBORAはBORAなのか。 せっかく買ったなら、床の間に飾るにはもったいない。 ウェア類は肌に直接触れる物ですので、返品はご遠慮願います。 対応タイヤ:チューブレス、クリンチャー 指定タイヤ幅:23~50mm リム素材:フルカーボン リム高:45mm リム幅:26. ひし形のハブ形状 ハブの形状もボーラワンとボーラウルトラはストレートだったのに対し、ボーラWTOはひし形 流線形状 に設計されています。

Next

カンパニョーロBORA|ボーラワンで初めてのカーボンホイールの世界へ

また、クラシックな23mmや快適性に優れた28mmのタイヤを使用することも可能です。 抵抗を減らし打ち勝つという点で、可能な限り最高性能のホイールを作り出すことに専心するカンパニョーロエンジニア・チームのすべてが組み込まれています。 ロードバイクにはライダーが乗っており、 また、走行速度や風向きは一定ではなく、 常に変化する複雑な環境下での空力が求められます。 両者の違いが感じられたのは、上がった速度を維持するケース。 〇ゼロ発進。 そして風は変り続けます。

Next